ニコチン離脱症状とは

ニコチン離脱症状とは、禁煙をすることで起きる色々な症状のことです。人がタバコを吸うと、血液中のニコチン濃度は急激に上昇し、脳内において「快楽ホルモン」と呼称される「ドーパミン」という物質を多く分泌します。タバコを吸っている時は多くのドーパミンが分泌されているため満足感を得ることが出来ますが、禁煙をするとニコチン濃度は減少するため、色々なニコチン離脱症状が起きてしまうのです。

ニコチン離脱症状の主な症状

日頃からたくさんタバコを口に運んでいる方の中には、急にタバコを止めてしまうとイライラするという方はたくさんいらっしゃるのではないでしょうか。ニコチン離脱症状には、このような「イライラ」をはじめ、「タバコが吸いたい」「身体がだるい」「集中出来ない」「眠い」「落ち着かない」などの症状が見られます。しかし、これらの症状は禁煙をすれば誰にでも必ず出るわけではありません。ニコチン離脱症状は人によって、種類や程度も様々なのです。

ニコチン離脱症状のピーク

禁煙を始めた際に起きるニコチン離脱症状のピークは、禁煙開始から1週目がピークとなっています。特に体内からニコチンが完全に消失する2〜3日後は、ニコチン離脱症状のつらい時期と言えます。しかし、この時期を上手く乗り切ると症状は緩やかに消失していきます。そして、どんなにニコチン離脱症状が長い人であっても2ヶ月経過すれば、症状は解消されます。

以上が、ニコチン離脱症状の基礎知識となります。禁煙に取りかかっても、離脱症状が辛くて断念する可能性があります。そんな時には禁煙グッズの活用を試みてみましょう。当店では、様々な禁煙グッズの中でも現在人気となっている電子タバコの販売を行っております。電子タバコはニコチン離脱症状緩和におすすめの禁煙グッズとなっていますので、禁煙をお考えの方は、ニコチン離脱症状に備えるためにも、ぜひ当店にて電子タバコをお買い求めください。



メーカー&カテゴリー





実店舗情報



     卸販売