ニコチンの毒性

ニコチンの毒性というのは極めて高く、毒物の種類で私達が一度は耳にしたことのある青酸カリと比較しても高い毒性となっています。青酸カリを飲んだ場合の致死量というのは、およそ150mg〜300mgとされていますが、タバコを水に浸しニコチンの抽出をした際の液体を飲んだ場合というのは、屈強な成人男性であってもおよそ40mg〜60mgで致死量に達すると言われており、圧倒的な毒性があるのがわかります。
したがって、小さな子供がタバコを口に含まないようにするための配慮が必要となるわけです。

この時考えることは、「タバコを吸っている人は死んでない」ということです。
そのことに関しては明確な理由があります。タバコの煙としてニコチンを摂取した場合にはその濃度が薄まり死に直結することはないのです。しかし、心臓や血管には確実にダメージが蓄積され、後々肝臓病や動脈硬化などの病気の要因となってしまいます。

ニコチンの依存性

そしてニコチンの怖さは、その毒性で依存を高めることにあります。
タバコは肺を経由してニコチンの吸収を行います。ニコチンは肺を通して血中に入り僅かな時間で脳に到達するため、吸い始めてから快感を得るまで時間を要しないのです。さらにニコチンというのは、結合力が弱いのですぐに無くなります。そのためニコチンを摂取しようと脳が伝達を送り、次から次へとタバコを口に運んでしまい、その結果依存が強まり、タバコから離れられない状況を生み出しているのです。このニコチンの依存度というのは一説によると、アルコールやヘイロンなどよりも依存性が高いと言われています。

このような毒性や依存性があり、病気に直結するニコチンが含まれているタバコは、健康を考えた時に早々に絶つことが求められます。

当店では、禁煙アイテムとして人気となっている電子タバコやリキッドの販売を行っています。
当店のリキッドはゼロニコチンリキッドとなっていますので、安心・安全に楽しむことが可能となっています。上記のニコチンの恐ろしさをご覧になり、一刻でも早く禁煙生活に入りたい方にはゼロニコチンリキッドである当店のリキッドがおすすめです。どうぞ当店の電子タバコやゼロニコチンリキッドをご活用して、ニコチンとは無縁の生活を送りましょう。



メーカー&カテゴリー





実店舗情報



     卸販売