電子タバコの本体が熱い場合

電子タバコ禁煙グッズとして、あるいはオシャレなアイテムとして愛用している方が増えています。そんな電子タバコですが、使用しているときに本体が熱くなる現象が発生する場合があります。こちらでは、熱くなる理由や空焚き、焦げた味を感じた場合などについてご紹介致します。

熱くなる理由

電子タバコはリキッドを熱することで、水蒸気を発生させています。そのため、本体が多少熱い程度ならば、故障ではないのでご安心下さい。しかし、あまりにも熱い場合は、吸う間隔が短いことが原因の可能性があります。この場合、少し本体を冷ましてから使用することをおすすめします。

空焚きに注意

少し吸っただけで熱を感じる場合は、空焚きの可能性を疑ってみましょう。リキッドが少量しかない状態で吸い続けてしまうと空焚きになりやすいので、こまめにリキッドを補充してみて下さい。安全に長く愛用するためにも、空焚きを避けることが重要です。

焦げた味を感じた場合

吸っている際に焦げた味を感じる場合は、出力を上げすぎている可能性があります。使用するコイルなどによって、適正なワットやボルトの強さが決まっています。適性を上回ってしまうと、焦げた味が発生する場合がありますので、パワーを低めに設定してみましょう。

また、コイルを交換していないことが原因で、焦げた味を感じる場合もあります。コイルは熱を常に与え続けるパーツなので、徐々にコットンなどが焦げてしまいます。その結果、焦げた味が出やすくなってしまうので、味に変化を感じたらすぐにコイルを交換しましょう。

電子タバコを利用する際は、これらの知識を是非お役立て下さい。通販無害でオシャレな電子タバコを購入したい方は、当店をご利用下さい。当店は、電子タバコ本体はもちろん、リキッドタイプのフレーバーも各種ご用意しております。
初心者向けのスターターキットも取り扱っておりますので、初めて挑戦する方もお気軽にショッピングをお楽しみ下さい。



メーカー&カテゴリー





実店舗情報



     卸販売

     ブログ